【コラム⑫】血尿からわかる病気~ナットクラッカー症候群~

『血尿からわかる病気』の第4弾、ナットクラッカー症候群についてです。

みなさん「ナットクラッカー症候群」という病名を聞いたことがありますか?

あまり馴染みのない病名かと思いますが、10代、20代など若い世代に多くみられる病気の一つです。

これは、左側の腎臓の静脈が腹部大動脈の上を横切り、その部位を挟むように進む上腸間膜動脈が前方に走っているのですが、その挟まれ方が狭くなると、静脈の中の圧力が上昇してしまい血流が悪くなり、左側の腎臓の毛細血管にうっ血や出血を生じ、血尿が出る病気です。

その様子を身体の横から見た時に「腎静脈がくるみのように挟まれて見える」ことから、ナットクラッカー(くるみ割り)との名前が付いています。

※詳しくはイメージ図とCT画像をご覧ください。

症状としては、排尿痛などはなく血尿が出ることがこの病気の主な特徴です。

腰痛症状を伴う方もいらっしゃるため、その場合は以前にもご紹介した「結石」をまずは疑います。

検査としてはまずは尿検査を行い、その後、超音波検査、レントゲン検査を行います。

そこで、結石の有無を確認し、結石がなければ腎臓の形や血管に異変がないかも見ていきます。

その際に異常が認められればCT検査を行い、診断を行います。

 

ナットクラッカー症候群と診断されても、血尿は一時的なことが多く、経過観察となることがほとんどです。

ただ中には、出血がおさまらず貧血も進行したため、内視鏡を用いて腎臓に薬剤を注入して、止血をした方もおられます。

 

血尿にはいろいろな病気が潜んでいますので、いつもと違うなと感じたら、お気軽にご相談ください。

【コラム⑪】血尿からわかる病気~膀胱癌~

『血尿からわかる病気』の第3弾として、今回は膀胱癌についてお話しします。

有名人の方で膀胱癌を患ったというニュースもあり、膀胱癌』という病名を知っている方は多いのではないでしょうか。

今回は、その膀胱癌の早期発見のための初期症状についてや、当院での検査方法、実際の膀胱癌の実例についてもお伝えします。

当院で膀胱癌と診断される方の多くは、「血尿」症状があり受診されています。

血尿にも種類があり、目に見える「肉眼的血尿」と、見た目は普通の尿ですが顕微鏡で見て分かる「顕微鏡的血尿」があります。

肉眼的血尿の場合はご自身で気付かれて受診されることが多いですが、顕微鏡的血尿の場合はご自身では気付けず、健診等で「尿潜血」が陽性となってご受診いただくケースがほとんどです。

また、膀胱癌の特徴のひとつに、血尿でも痛みを伴わない「無症候性血尿」があります。

前回までのコラムにもあるように、「血尿=癌」というわけではありませんが、血尿の症状でご受診された方には、膀胱癌が潜んでいないかということも疑って、検査を行っていきます。

まず基本的な検査として、痛みを伴わない超音波検査(エコー)により膀胱内に腫瘍がないかを見ていきます。

そして、尿の中に癌細胞がないかを検査に出します。

こちらは、尿検査でとった尿を使って行う検査ですので、患者さんの負担になることはございません。

上記の検査により膀胱癌が疑われる場合は、内視鏡やCTの検査を行います。

内視鏡の検査は当院でも可能です。

 

【正常な膀胱内】

 

【膀胱癌】

 

 

膀胱癌が判明し、手術の必要があれば、本院である高山病院への紹介も行っております。

痛みのある場合はもちろんですが、痛みのない血尿は特に注意が必要です。

日頃から尿の様子をチェックすることで、病気の早期発見にも繋がります。

少しでもいつもと違う症状があれば、悩まずすぐにご相談下さい。

【コラム⑩】血尿からわかる病気~結石~

前回に引き続き、血尿が考えられる病気の第2弾として、今回は『結石』についてお話しします。

結石は、腎臓にできるものを『腎結、尿管にできるものを『尿管結石』、膀胱にできるものを『膀胱結石』、尿道にできるものを『尿道結石』と言います。

主な症状は、血尿・背部、脇腹、下腹の痛みを生じることが特徴です。

当院では、まず、尿検査、腎臓・膀胱エコー、レントゲン検査を行い、結石の有無や位置の確認をします。

レントゲンに写らない石もあるため、CT検査が必要となることもあります。

 

治療方法としては、小さな結石であれば尿と一緒に自然に出てくることもありますが、まずは自排促進薬(自然に排石するよう促す薬)を飲みながら、経過を診ていきます。

薬での治療が難しい場合は、『体外衝撃波結石破砕術(ESWL)』といって、体外から衝撃波を結石にあてることで石を砕く治療法があります。

この治療は高山病院でも対応可能で、日帰りまたは1泊2日での治療となります。

また、上記の治療で効果が期待できない場合は、『経尿道的尿路結石破砕術(TUL)』といって、尿道から内視鏡を入れて、石を確認し、レーザーで石を砕く治療法があります。

痛み止めの薬や座薬での疼痛コントロールが出来ない場合は、すぐに受診していただき、注射での疼痛コントロールを行います。

こちらは当クリニックでも対応可能です。

また、日祝、夜間であっても、連携している本院の高山病院は24時間対応しておりますので、そちらでご受診いただくことも可能です。

最後に…

治療はせずにそのまま経過を見ていくこともありますが、腎結石の場合は、その後も石の大きさに変化はないかなどを診るために、定期的な受診をお勧めします。

血尿、腰背部痛などの症状がある場合は、結石も疑われますので、痛みがひどくなる前に是非ご相談ください。

 

【コラム⑨】血尿からわかる病気~膀胱炎~

朝晩の気温差が段々と激しくなりましたが皆様、体調を崩されてはいませんか?

秋風が心地よい時節となりましたね。

読書の秋、食欲の秋…と色々ありますが、コロナ禍で遠くへ行けない!と、ちょっと気が滅入りますね。

 

今回のコラムは

『こんな症状が出たら、泌尿器科受診を!』

という事で様々ある症状の中から、まずは『血尿』について数回にわたって、掲載していこうと思います。

 

血尿が出ることで考えられる病気は、

1.膀胱炎

2.結石

3.膀胱癌

4.その他(ナットクラッカー症候群、行軍ヘモグロビン尿症)

などがあります。

他にも考えられる病気もありますが、当院でよく見られる病気についてお伝えしようと思います。

 

今回は、『膀胱炎』について…

一般的に膀胱炎と聞くと、

・おしっこする時の痛み

・尿が近い

・残った感じがある

といった症状を訴え、受診される方が多くいらっしゃいます。

少し症状がひどくなると、前に述べた症状以外に、血尿が出る場合があります。

 

このような症状で来院されたら、まずは尿検査を行い、炎症や細菌の有無を確認します。

また、尿の中にどんな菌があるのか、どのお薬に効果があるのか?を調べることがあります。

症状を確認したら、抗生剤を処方します。

1〜2週間後、症状が良くなっているか確認して、問題なければ終了となります。

 

何かいつもと違う…と感じたら、早めに病院を受診しましょう。

 

\ 次回は『結石』について掲載します! /

 

【コラム⑧】おちんちんが痛い…!?

毎日、うだるような暑さが続きますね。

最近当院では、子供さんの受診が多くみられます。

夜尿症、膀胱炎など症状は様々ですが、

「おちんちんが腫れて、赤くなっている」

「白っぽいカスみたいなのが付いている」

といった、症状で受診される方がいらっしゃいます。

これは「亀頭包皮炎」と言って、亀頭や包皮が感染して炎症を起こす病気です。

亀頭とは男性器の先端部分であり、包皮は男性器を包んでいる皮です。

これらが炎症を起こしてしまい、赤みや膿などの症状が起こります。

当院にご受診された際の流れとしては、まずは、診察をして、必要であれば抗生剤の内服、塗り薬などの処方があり、1週間後くらいを目処に、もう一度受診していただき、経過を診ていきます。

また、他にも「包茎では?」といった相談で受診される方も多くいらっしゃいます。

以前は、子供さんでも手術をすることが多かったようですが、今は、軟膏を塗りながらしばらく経過を診ていく事がほとんどです。

特に、3歳時検診で指摘されて当院に受診される方が、多いようです。

子供さんのちょっとした事に、何かと気になることも多いと思います。

これは?と気になることがあれば、いつでもご相談下さい(^^)!

【コラム⑦】尿検査の結果はどう見るの?

当院では、基本的には毎回尿検査を行います。

尿検査によって、炎症が起きてないか、濁りがないか、肉眼では確認できない血尿がないか、など、泌尿器科にとって必要な情報を得ることが出来ます。

診察時に尿検査の結果についての説明を行い、そのデータをお渡し致しますが、

『これってどう見たらいいの?』

『よかったの?悪かったの?』

などという質問をよく受けます。

結果を見ると、『』『+』と書いてあったり、数字が書いてあったりしますが、それが良い結果なのかどうかの判断が分からないという方が多いと思います。

今回はその見方についてご説明します。

ただし、尿検査の結果だけで全ての病気がわかるわけではありませんので、あくまでも病気発見のための参考と思ってくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

PH(ペーハー): 5(酸性)→7(中性)→9(アルカリ性)

 尿が酸性かアルカリ性かを見ます。

 これは、結石の成分の参考にもなります。

ブドウ糖: 標準値(−)

 糖尿病の指標となります。

      

白血球: 標準値(−)

 炎症の有無を見ます。

     

蛋白: 標準値(−)

 腎臓や尿路疾患の指標となります。

 高熱が出た時や、一過性の過労等で陽性(+)となることもあります。

潜血: 標準値(−)

 膀胱炎や尿路結石など、尿の通り道に異常がある場合に尿中に赤血球が混じることがあります。

 また、泌尿器系の悪性腫瘍や男性の前立腺炎でも陽性(+)となる場合があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記は代表的な検査内容です。

陽性所見(+)にて、より詳細な情報が必要な場合には、更に詳しい検査を行うこともあります。

学校や職場の健康診断で再検査になった時や気になる項目がある場合は、いつでもお気軽にご相談ください。

【コラム⑥】小児のおねしょの悩み・・・

赤ちゃんの頃は当たり前のようにオムツにおしっこをしていて、2~3歳頃を目安にトイレトレーニングを始め、オムツがはずれるようになったというお子様も多いかと思います。

しかし、5~6歳、小学生になっても、「日中は大丈夫だけど、夜寝ているときに漏らしてしまう」「寝る前にトイレに行っても夜中のオムツははずせない」といったお子様も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「夜尿症(やにょうしょう)」という病気をご存じですか?

5歳を過ぎてもおねしょが頻回に続く場合は、夜尿症の可能性があります。

原因としては、小児の場合、膀胱内に尿が溜まっていても、眠りが深く尿意に気づきにくいことが挙げられます。

他にもストレスや環境の変化などによる精神面での不安が要因となることもあります。

 

当院での治療方法は、まずは毎日のおねしょの回数や飲水量などの記録(排尿記録)を取っていただき、それをもとに、投薬などによる治療が必要となるのか、生活面の改善をはかっていくのかなどを判断します。

 

毎日の記録を自分でとることで、排尿の行為そのものを意識するようになり、それだけでおねしょが改善した!というお子様もいらっしゃいましたよ♪

 

もしご受診をされる場合、可能であれば「排尿記録」をご持参いただくとスムーズに診療を行えます。

様式をダウンロードしていただき、下記要領でご記入ください。

↓↓↓ダウンロード↓↓↓

https://www.takayama-uro-tsukinoura.org/blog/wp-content/uploads/2021/04/d74b80af3ce8c9849e662458fe9dc9d1.pdf

①1週間~2週間記録をつけてください。(可能な限りで大丈夫です)

②夕食~寝る前までの飲水量:夕食後からの寝るまでの水分量をわかる範囲で計測してください。

③寝る前の尿量:目盛付きのコップ(計量カップなど)を準備していただき、寝る前の尿量を計測してください。

④パットの重さ又は漏れの有無:オムツやパットを使用している場合、使用前と使用後の重さをはかり、その差を記入してください。使用してない場合や計測が難しい場合は、漏れの有無を記入してください。

⑤起床時の尿量:起床してから最初の尿量を③と同様の方法で計測してください。

 

「夜尿症」「排尿記録」についてご相談・ご不明な点などございましたら、当院までご連絡ください。

【コラム⑤】前立腺炎ってどんな病気?

福岡県の緊急事態宣言が解除され、

約2ヶ月が経ちました。

宣言前と変わらない日常が戻りつつありますが、

休まれていた期間の仕事がたくさんあり、

体調を崩されていませんか?

 

今回は、前回のコラムでも少しお伝えした

『前立腺炎(ぜんりつせんえん)』について、

更に詳しくお話しします。

※前回のコラムはこちら↓↓↓

【コラム④】膀胱炎症状+熱が出たら…!?

 

前立腺とは男性だけにある膀胱の真下にある臓器で、

その中に尿道が通っています。

 

前立腺炎には「慢性」「急性」があります。

「慢性前立腺炎」の主な症状は、

陰のうと肛門の間にある会陰部の痛みや不快感、

頻尿、残尿感、排尿後の尿漏れ、尿道の違和感、血尿などです。

長時間のデスクワークや車の運転など

長時間座ったままの姿勢をとり続ける人に多く、

飲酒、ストレス、疲労、冷えなどによって

体の抵抗力が低下することも

慢性前立腺炎を発症する要因と言われています。

 

前回のコラムにもあった「急性前立腺炎」は、

尿道から侵入した細菌が、尿の流れとは逆行して

その上流にある前立腺に感染して起こる病気で、

主な症状は、排尿時痛や頻尿、排尿困難などです。

また、38度以上の高熱を生じると共に、

悪寒、倦怠感、関節痛、筋肉痛などが出現することもあります。

発熱がひどくない場合は

内服薬のみでの治療を行うこともありますが、

多くの場合は点滴による抗生物質の投与が必要となり

症状がひどい場合は、入院し絶対安静にしていなければなりません。

通常、数日~1週間程度で症状は快方に向かいます。

 

再来週には梅雨も明けると言われています。

まだまだ新型コロナウイルスにも

注意を払いながらの生活ではありますが、

体調には気をつけてお過ごし下さい。

痛みや発熱、頻尿などおしっこのことで

何か思い当たる症状があれば、いつでもご相談下さい。

 

 

【コラム④】膀胱炎症状+熱が出たら…!?

「膀胱炎」になった経験のある方も多いと思いますが、

今回はその「膀胱炎」「発熱」症状が出た場合に

考えられる病気についてお話しします。

 

まずは11月のブログでもお伝えした「腎盂腎炎」です。

↓↓↓こちらをご参照ください↓↓↓

【コラム③】尿が出なくなる!?

 

腎盂腎炎は女性に多い病気ですが、

高齢の男性にも起こることがあり、

腰や背中などの左右どちらかにに片寄った痛みに

発熱が伴うのが特徴です。

 

そして2つ目に考えられるのが、

男性に起こる「急性前立腺炎」です。

これは、膀胱炎のような頻尿、排尿時痛や血尿、

発熱も伴う症状が特徴的です。

細菌感染で起こることが多く、

抗菌薬投与にて治療をするのが一般的です。

またその時、前立腺肥大症などの原因となる

排尿障害がないかをみることも大切です。

 

発熱があると「風邪かな?」と思われる方も多いでしょうが、

そのほかに痛みなどの症状がある場合は

上記のような病気も疑われますので、

早めに泌尿器科をご受診ください。

 

\早期発見、早期治療に努めましょう!/

【コラム③】尿が出なくなる!?

男性のみに起こる「前立腺肥大症」ですが、

普段は大丈夫でもお酒を飲みすぎた日は

尿が出にくくなった経験のある方は

いらっしゃいませんか?

 

アルコールを大量に摂取することで血管が充血し

前立腺がむくむことで尿道を圧迫し、

「尿閉(尿が出なくなること)」

なってしまいます。

そのまま放置しておくと尿がどんどん溜まり、

「腎不全」「尿毒症」といった

病気にまで発展する可能性があります。

 

尿が出ない!と思ったら

すぐに泌尿器科の受診をしてください!

 

忘年会、新年会などでの飲みすぎには

ご注意を・・・。