【コラム②】「腎盂腎炎(じんうじんえん)」ってどんな病気?

11月になり、朝夕とずいぶん寒くなりましたね…

早いもので、今年も後1ヶ月半程になりました。

 

年末にかけて、今年中に終わらせなければ!と、仕事や家のことなど、

これからしなければならないことが沢山ありますね。

そんな中、無理をしすぎて体調を崩される方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

そのようなときに、

トイレに行く時間がなく我慢することで「膀胱炎」になったり、

更に、免疫力が低下し、腎臓の方に炎症がおきてしまう

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」という病気に

なることがあります。

 

今回は「腎盂腎炎」とはどのような病気なのかということについて

お話しします。

腎盂腎炎とは、腎盂(腎臓で作られた尿を膀胱へ送り出す働きを

するところ)に細菌が感染し、炎症が生じる病気です。

尿の通り道である尿路は、通常は無菌状態なのですが、

細菌が侵入し感染を起こすと「尿路感染症」になります。

その尿路感染症の中のひとつが「腎盂腎炎」です。

一般的によく知られている「膀胱炎」の後に起こることが多く、

左右対にある腎臓のうち、片方に起こります。

比較的早く治るものを「急性腎盂腎炎」

治療に反応しなかったり繰り返したりすることで

症状が長く続くものを「慢性腎盂腎炎」と呼びます。

 

腎盂腎炎はひどくなると入院治療が必要になることもあります。

これからますます忙しくなるので、

頻尿・排尿時痛・熱・腰痛等あれば早めに受診し、

治療しましょう!

【コラム①】暑い夏は「結石」に注意!

皆さんも

「腎結石(じんけっせき)」

「尿管結石(にょうかんけっせき)」という病気を

聞いたことがありませんか?

この多くは、尿中の「カルシウム」や「シュウ酸」などの

成分が固まることによりできるのですが、

特に、今のように暑い夏は結石ができやすくなるので

注意が必要です。

 

なぜ夏に多いかというと・・・

夏は気温も上昇したくさん汗をかきますよね。

汗をかくことで体内の水分量が減り、尿の成分も凝縮され、

石ができやすくなるのです。

 

結石の痛みは、時に激痛となり、

座っているのも辛くなるほどです。

そんな痛みを味わわないためにも、

そして、熱中症予防の意味も込めて、

たくさん水分を取るよう努めましょう!

また、結石の原因となるシュウ酸を多く含むもの

(ほうれん草、たけのこ、ピーナッツ、コーヒー、

茶、アルコールなど)を過剰に摂取しないよう

心がけましょう。

 

・じっとしていても背中や腰が痛む

・尿に血が混じっていた

などの症状がある場合には、

まだ大丈夫だろう・・・。忙しいから・・・。と後回しにせず、

すぐにご受診ください。

当院でも検査は可能ですので、

気になることがあればいつでもご相談下さい!