★Happy Halloween★

夏も終わり、朝晩が冷え込むようになってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?(^^)

昼夜の気温差が大きいと体調も崩しやすくなりますので、コロナ対策も行いつつ、体調管理に気をつけていきましょう!

 

さて、今年もこの時期がやってまいりました…☆彡

10月31日の『ハロウィン』です(^^)/

毎年この時期になると、クリニック内の飾り付けをしたりお菓子を準備したり…私たちスタッフも楽しみな行事です♫

今年も昨年とは違った飾り付けをしてますので、ご受診の際に院内のあちこちを探してみてくださいね。

ハロウィン当日までお菓子も準備してますよ(^^)

よかったらどうぞ…♡

祝!開院2周年

今年のコロナウイルスの流行で、

市内の学校が休校になり、会社も在宅ワークになるなど

働き方の変化もありました。

今までとは違う生活が続く中、

当クリニックでも、マスク着用、手指消毒や換気の徹底などの

感染対策を行い、診療を続けてきました。

患者さんからは「熱があるけど受診して良いですか?」と

確認のお電話をいただいたり、

院内での手指消毒をしていただいたり、と

感染予防にもご協力いただき、とても感謝しております。

 

そんな中、9/3に高山泌尿器科月の浦クリニックは

開院2周年を迎えました。

昨年同様沢山の患者さんにご受診いただきましたが、

当院での治療により症状が軽快した、手術をして良かった、

などの声をいただけることが私たちの励みにもなりました。

また、週1回の骨盤底筋外来も

予約がなかなか取れないほど大変好評で、

沢山の方に来て頂きました。

 

まだ開院して2年、これからますます地域に貢献できるよう、

このクリニックを受診して良かったと思って頂けるよう、

当院スタッフはじめ、本院スタッフも一丸となり

今後の診療に努めてまいります。

 

これからはコロナウイルスに加えて

ンフルエンザも流行する時期に入ります。

外出後のうがい、手洗いをしっかり行い、

感染対策を引き続き行っていきましょう!

 

最後に…

定期的に本院とのリモート会議を行っているのですが、

先週の会議終了後、

スタッフから当院の開院2周年をお祝いしてもらいました!

その様子もご覧ください♪

【コラム⑤】前立腺炎ってどんな病気?

福岡県の緊急事態宣言が解除され、

約2ヶ月が経ちました。

宣言前と変わらない日常が戻りつつありますが、

休まれていた期間の仕事がたくさんあり、

体調を崩されていませんか?

 

今回は、前回のコラムでも少しお伝えした

『前立腺炎(ぜんりつせんえん)』について、

更に詳しくお話しします。

※前回のコラムはこちら↓↓↓

【コラム④】膀胱炎症状+熱が出たら…!?

 

前立腺とは男性だけにある膀胱の真下にある臓器で、

その中に尿道が通っています。

 

前立腺炎には「慢性」「急性」があります。

「慢性前立腺炎」の主な症状は、

陰のうと肛門の間にある会陰部の痛みや不快感、

頻尿、残尿感、排尿後の尿漏れ、尿道の違和感、血尿などです。

長時間のデスクワークや車の運転など

長時間座ったままの姿勢をとり続ける人に多く、

飲酒、ストレス、疲労、冷えなどによって

体の抵抗力が低下することも

慢性前立腺炎を発症する要因と言われています。

 

前回のコラムにもあった「急性前立腺炎」は、

尿道から侵入した細菌が、尿の流れとは逆行して

その上流にある前立腺に感染して起こる病気で、

主な症状は、排尿時痛や頻尿、排尿困難などです。

また、38度以上の高熱を生じると共に、

悪寒、倦怠感、関節痛、筋肉痛などが出現することもあります。

発熱がひどくない場合は

内服薬のみでの治療を行うこともありますが、

多くの場合は点滴による抗生物質の投与が必要となり

症状がひどい場合は、入院し絶対安静にしていなければなりません。

通常、数日~1週間程度で症状は快方に向かいます。

 

再来週には梅雨も明けると言われています。

まだまだ新型コロナウイルスにも

注意を払いながらの生活ではありますが、

体調には気をつけてお過ごし下さい。

痛みや発熱、頻尿などおしっこのことで

何か思い当たる症状があれば、いつでもご相談下さい。

 

 

【コラム④】膀胱炎症状+熱が出たら…!?

「膀胱炎」になった経験のある方も多いと思いますが、

今回はその「膀胱炎」「発熱」症状が出た場合に

考えられる病気についてお話しします。

 

まずは11月のブログでもお伝えした「腎盂腎炎」です。

↓↓↓こちらをご参照ください↓↓↓

【コラム③】尿が出なくなる!?

 

腎盂腎炎は女性に多い病気ですが、

高齢の男性にも起こることがあり、

腰や背中などの左右どちらかにに片寄った痛みに

発熱が伴うのが特徴です。

 

そして2つ目に考えられるのが、

男性に起こる「急性前立腺炎」です。

これは、膀胱炎のような頻尿、排尿時痛や血尿、

発熱も伴う症状が特徴的です。

細菌感染で起こることが多く、

抗菌薬投与にて治療をするのが一般的です。

またその時、前立腺肥大症などの原因となる

排尿障害がないかをみることも大切です。

 

発熱があると「風邪かな?」と思われる方も多いでしょうが、

そのほかに痛みなどの症状がある場合は

上記のような病気も疑われますので、

早めに泌尿器科をご受診ください。

 

\早期発見、早期治療に努めましょう!/

健康教室を開催しました!

2月23日(日)

月の浦公民館にて

健康教室を開催しました!

 

今回は合計51名の方にご参加頂き、

女性・男性どちらも対象とした

『尿が出にくい話と尿が漏れる話』

をテーマに、

院長の髙橋よりお話し致しました。

まだ症状がないという方も、

「何かあれば受診します。」と言って頂き、

今回の講演が皆さんの健康に

少しではありますが、

貢献できたかなと思います(^^)

 

男性に見られる『前立腺肥大症』

女性に多い『過活動膀胱』『腹圧性尿失禁』

どれも命にかかわるような

重大な病気ではありませんが

生活の質を左右する病気ではあります。

我慢したり諦めたりする前に、

一度ご相談にだけでも構いませんので

クリニックをご受診下さい♪

◆新年のご挨拶◆

新年明けまして

おめでとうございます。

 

令和になって初めてのお正月、

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

当院もお正月休みを頂き、

1月6日より診療が始まりました。

 

今年も皆さんの健康に

少しでも貢献できるよう

努めてまいります。

 

本年もどうぞ

よろしくお願いいたします。

高山泌尿器科月の浦クリニック

院長・スタッフ一同

12月 健康教室②開催しました!

先週に引き続き

12月17日(火)に女性を対象とした

健康教室を開催しました!

今回は、院内で行う健康教室では初めての、

理学療法士による

「尿失禁予防と対策」がテーマでした。

「骨盤底筋」とは何か?

どんな働きをするか?という

お話しのほかに、

『骨盤底筋体操』を実際に

行ったりもしました!

 

骨盤底筋体操は

自宅でも行える体操で、

尿失禁や過活動膀胱症状にも

効果的ですが、

コツを掴むまでが

なかなか難しい…という方も

多くいらっしゃいます。

 

そんな方のために、当院では

毎週水曜日の午後

骨盤底筋指導外来

実施しております。

マンツーマンで個室での指導ですので、

安心して受けられますよ♫

 

骨盤底筋指導外来をご希望の方は

是非ご相談ください(^^)

12月 健康教室①開催しました!

9月に行った、女性のお悩みをテーマにした

健康教室が大好評だったこともあり、

12月10日(火)にも女性を対象とした内容で

健康教室を開催しました!

前回よりも多く、24名の方にご参加頂きました。

限られた時間の中ではありましたが、

講演後にはたくさんのご質問も頂きました。

なかなか相談できなかったり、

今まで知らなかったこともあったり、

実際に悩んでいるという方も多くいらっしゃいました。

 

この健康教室は

当院のお昼休みの時間を使って行いましたが、

その後、午後からの女性専門外来に

ご受診された方もいて、

「来て良かった。」と、感謝の言葉も頂きました。

 

当院の女性専門外来は、

医師、看護師、検査技師、事務、患者さんも含め

女性のみの外来です。

もちろん、他の診察日でのご受診も可能ですが、

「恥ずかしい…」「不安だな…」と思われる方は

女性専門外来だと安心してご受診頂けると思います。

 

何か気になることがあれば

一人で悩まず、是非ご相談くださいね(^^)

 

【コラム③】尿が出なくなる!?

男性のみに起こる「前立腺肥大症」ですが、

普段は大丈夫でもお酒を飲みすぎた日は

尿が出にくくなった経験のある方は

いらっしゃいませんか?

 

アルコールを大量に摂取することで血管が充血し

前立腺がむくむことで尿道を圧迫し、

「尿閉(尿が出なくなること)」

なってしまいます。

そのまま放置しておくと尿がどんどん溜まり、

「腎不全」「尿毒症」といった

病気にまで発展する可能性があります。

 

尿が出ない!と思ったら

すぐに泌尿器科の受診をしてください!

 

忘年会、新年会などでの飲みすぎには

ご注意を・・・。

【コラム②】「腎盂腎炎(じんうじんえん)」ってどんな病気?

11月になり、朝夕とずいぶん寒くなりましたね…

早いもので、今年も後1ヶ月半程になりました。

 

年末にかけて、今年中に終わらせなければ!と、仕事や家のことなど、

これからしなければならないことが沢山ありますね。

そんな中、無理をしすぎて体調を崩される方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

そのようなときに、

トイレに行く時間がなく我慢することで「膀胱炎」になったり、

更に、免疫力が低下し、腎臓の方に炎症がおきてしまう

「腎盂腎炎(じんうじんえん)」という病気に

なることがあります。

 

今回は「腎盂腎炎」とはどのような病気なのかということについて

お話しします。

腎盂腎炎とは、腎盂(腎臓で作られた尿を膀胱へ送り出す働きを

するところ)に細菌が感染し、炎症が生じる病気です。

尿の通り道である尿路は、通常は無菌状態なのですが、

細菌が侵入し感染を起こすと「尿路感染症」になります。

その尿路感染症の中のひとつが「腎盂腎炎」です。

一般的によく知られている「膀胱炎」の後に起こることが多く、

左右対にある腎臓のうち、片方に起こります。

比較的早く治るものを「急性腎盂腎炎」

治療に反応しなかったり繰り返したりすることで

症状が長く続くものを「慢性腎盂腎炎」と呼びます。

 

腎盂腎炎はひどくなると入院治療が必要になることもあります。

これからますます忙しくなるので、

頻尿・排尿時痛・熱・腰痛等あれば早めに受診し、

治療しましょう!