*・10月のご挨拶・*

今日から10月ですね!

涼しくなってきましたね〜

…と言いたいところですが、今年はまだ残暑が続いて日中は半袖で過ごせるほどですね(^^;)

朝晩は涼しく、昼は暑く、体調も崩しやすくなりますので、皆さん十分に気をつけてお過ごしください。

来週からはぐっと気温も下がり、秋の陽気となりそうですね♫

クリニックも秋モード、ハロウィン仕様になりました!

ご来院の際は、院内の飾り付けにも注目してみてくださいね(^^)

 

【11月】担当医変更のお知らせ

下記の通り担当医が変更となります。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

-----------------

11/4(金)終日   髙橋康一 → 杉本昌顕

11/5(土)午前   髙橋康一 → 増田克明

11/12(土)午前 増田克明 → 髙橋康一

-----------------

インフルエンザ予防接種について

10月1日(土)よりインフルエンザ予防接種を開始します。

完全予約制となりますので、接種をご希望の方は事前にご予約をお願いいたします。

ご予約は、お電話(TEL:092-589-1145)でも当院窓口でも可能です。

原則、接種は2人1組で行いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なお、対象は高校生以上の方となります。

ワクチンの在庫がなくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。

院長より*4周年のご挨拶*

9月3日はクリニックの4周年の日でした。

4年前、このあとどのようなクリニックになっているのだろうと思っていました。

改めて感じるのは、患者さんにはそれぞれに、避けることのできない、職場やご家庭、あるいは心の中の収まりのつかないご事情があるのだということです。

それはたとえ4〜5歳の子どもたちでもそうです。

そのこと全部に寄り添うことができたのか?なかなか思う通りにはできません。

院長の力不足をスタッフが支えてくれた4年間でした。

クリニックの毎日は、結局は最初の頃と変わらない風景です。

いつものように、診療を待っておられる方々の静かな白の時間と、苦痛の表情でまだ診てくれないのかと鬼気迫る方々の、張り詰めた赤の時間の混ぜあわせです。

ただ最近は、赤い時間が多くなってきました。

訪れた方々が話される少しの情報でも聞き逃さないようにして、これからも診療していこうと思います。

私以上にスタッフのその気持は強く、来られた方々に対する思いも深いようです。

4年間ではっきりしたのは、皆様の診療をしているのは院長一人ではないということですね。

改めて、我々はやるべきことをやっていこうと思います。

今更のように決意しました。

心配事があったら、小便小僧が立っているクリニックを覗いてみてください。

高山泌尿器科月の浦クリニック

院長 髙橋康一

 

\開院4周年を迎えました!/

当院は9月3日に開院4周年を迎えました!

無事に4周年を迎えられたこと、本院の高山病院ならびに当院に関わっていただいた全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。

当院には、この4年間で多くの患者さんにご受診いただきました。

最近では、患者さんの数もだんだん増えてきて、そのために待ち時間が発生しご迷惑をおかけすることも多々あったかと思います。

今年新たに始めた「新患予約」「問診票ダウンロード」などをご活用いただき、今後はよりスムーズに、快適に、ご受診いただければと思っております。

『悩む前にまず相談!』

お困りごとがあればいつでもご相談ください。

5年目も、丁寧な診療を心がけ、地域の皆様の泌尿器診療に精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、髙橋院長はどこにいるでしょうか?(^^)♪

こちらはクリニックに飾っておりますので、ご受診の際に是非ご覧ください☆彡

 

高山泌尿器科月の浦クリニック

院長、スタッフ一同

台風11号接近に伴う休診のお知らせ

台風11号の接近に伴い、

9月6日(火)午前の外来診療を休診いたします。

午後は通常通り診療を行います。

なお、泌尿器科の急患に関しましては、

筑紫野市の高山病院にて24時間対応いたします。

既に、ご予約頂いておりました患者の皆さまには、

ご不便やご迷惑をおかけいたしますが、

何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

【9月】休診のお知らせ

9月1日(木)午後の女性泌尿器科外来は、医師不在により休診となります。

皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

なお、午前の診療は通常通り行います。

【コラム⑬】膀胱炎の治療について

以前にも掲載したことのある「膀胱炎」ですが、実際に病院に行こうと思っても、「何科に行けばいいの?」「どんな治療をされるの?」と分からないことも多いと思います。

実際に、当院への問い合わせでも

・痛い検査はありますか?

・内視鏡や内診もあるのですか?

・女性の先生じゃないとだめですよね?

などの質問が多く寄せられます。

今回は、膀胱炎治療はどのようなものか、当院ではどのように診察を行っているかをご説明します。

 

「膀胱炎」については下記URLより以前のコラムをご参照ください。

こちらをクリック → 【コラム⑨】血尿からわかる病気~膀胱炎~

 

それでは、当院の診察の流れをご説明します。

①尿検査:必ず行う検査です。尿に細菌や炎症細胞が混じっているかを見ます。

②問診:どのような症状がいつから、どの程度あるのか、発熱があるのか、などを伺います。

③診察初診の方であれば、腹部に異常がないかなど簡単な診察を行います。

 ※内診などの衣服を脱いでもらうようなことはいたしません

④検査、処方:基本的な治療としては、抗生物質の処方を行いますが、それが適切な薬剤であるかを確認するため、はじめに尿検査で提出していただいた尿での菌の検査までは原則的に行っています。ときに膀胱炎を繰り返す方で、広く用いられる抗生物質が効かない菌(薬剤耐性菌)がついている方もおられるので、薬の選択には注意しています。 

 ※菌の検査は、患者さん自身の体に更に負担をかける検査ではありません。

 

また、特に男性高齢の女性の膀胱炎は、若い元気な女性の膀胱炎とは異なり、腎臓や膀胱に何らかの病気が潜んでいることが多いため、それを意識しながら治療は進めていきます。

当院での治療の振り返りも必要ですので、お薬を処方し、そのまま何かあれば受診してください、ということはせず、後日来院いただき、症状だけでなく尿がきれいになっているか、副作用などはないかまで確認するようにしております。

たとえ症状が改善していても、菌の検査結果でお薬が不十分と判断されれば、再発を懸念して別の抗生物質を追加することもあります

 

当院の院長の専門分野の一つは尿路・性器感染症です。

その専門知識をもって、常に適切な抗生物質の使用に留意し治療を行っております。

膀胱炎をはじめとした尿路感染症はぜひ専門医へご相談ください。

 

\ 膀胱炎は早めの治療、適切な治療が重要です /

【骨盤底筋指導外来】再開のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため一時中断しておりました骨盤底筋指導外来を、今月より再開致しました。

患者様には下記の感染予防策を行った上でご来院いただきますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①来院前に体温測定をお願いします。

 →体温が37.0℃以上の場合は来院をお控え下さい。

  当院までご連絡頂き予約の変更等の対応をさせていただきます。

②来院時はマスクの着用をお願いします。

③手指消毒にご協力下さい。

④バスタオルの持参をお願いします。

 →訓練時のタオルケット代わりに使用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

骨盤底筋指導外来は毎週水曜日の午後に実施しております。

新たに骨盤底筋指導外来の受診を希望される場合は、必ず医師の診察が必要となります。

まずは外来をご受診いただき、医師にご相談ください。

詳細は下記ページをご覧ください。

https://www.takayama-uro-tsukinoura.org/pelvic-floor-muscle.html

ご不明な点がございましたら当院までご連絡ください。

【お盆期間中】休診のお知らせ

お盆期間中、下記の通り休診となりますので

予めご了承ください。

================

8月11日(木)休診(山の日)

 12日(金)通常通り

 13日(土)~15日(月)休診

  16日(火)通常通り

================

なお、高山病院(筑紫野市)では

上記期間中も

24時間泌尿器科急患を受け付けております。